ホーム俳句をつくる千代女の時代俳句へのいざない千代女の里 俳句館について
句碑・旧跡を訪ねる俳句を味わう季語に親しむ俳人を知る句集を調べる
俳句へのいざない

俳句が詠みたくなる名勝地

手取川河口

手取川河口写真

 

 手取川河口は、県下第一の河川の河口らしく、雄大な風景が広がっています。はるかに越前や能登につづく海岸砂丘が見渡され、白山が秀麗な姿を見せます。

 美川漁港の近辺には、名産のふぐの粕漬の売店が並び、街に入れば仏壇屋などの古い家並が雰囲気を作っています。

 また、周辺は、いきものの楽園となっています。近くの安産(やすまる)川と親水公園は、絶滅危惧種であるイトヨ(はりんこ)の生息地となっており、同じく絶滅が危惧されるさまざまな水藻が繁茂し、時に可憐な花を着けます。河口はまた、シギやサギをはじめさまざまな水鳥、海鳥、野鳥の飛来地、生息地となっており、観察小屋も作られています。近くの石川県内水面試験場では鮭の養殖も行われ、秋には鮭の遡上が見られます。

 近傍には呉竹文庫やルーツ交流館など、さまざまな施設が作られ、白山市民の憩いの場となっています。