ホーム俳句をつくる千代女の時代俳句へのいざない千代女の里 俳句館について
句碑・旧跡を訪ねる俳句を味わう季語に親しむ俳人を知る句集を調べる
俳句へのいざない

俳句が詠みたくなる名勝地

中宮

中宮エリア図

 

 中宮は、中近世には白山に登る加賀側の登山基地となっていました。平安時代に原型が作られた「白山之記」は、中宮を「崇山が八方をめぐり、形は蓮華の葉に似たり」として、聖地として讃えています。

 今日は笥笠(けがさ)中宮の小社殿があるだけですが、「白山之記」の記している社殿の規模、種類等は多彩で、大規模な宗教村落の存在を示しています。現在でも集落内部を歩くと、一部に宿坊と見られる区画割りが見られます。

 また、「白山之記」は、中宮と尾添との間に大綱を渡してロクロを構え、籠で渡る葛籠渡について記しています。

 葛籠橋を渡ると尾添の加宝宮に至ります。その社殿の裏側には大岩があり、回りは断崖になっているなど、いにしえの白山信仰の姿を思い起こさせます。