ホーム俳句をつくる千代女の時代俳句へのいざない千代女の里 俳句館について
現在ご覧のページはHOMEの中のお知らせ・イベント情報 のページです。

お知らせ・イベント情報

2017年01月17日

千代女筆の名品「髪を結ふ」を展示中です

千代女の作品や書簡は、約300点以上現存すると言われており、そのうちの一つに、『千代尼画自画像「髪を結ふ」の句竪幅』(市指定文化財)があります。本作品は千代女の晩年作ですが、52歳で剃髪した直後の感想が添えられており、千代女の心情をうかがい知ることができる貴重なものです。
このたび1月14日(土)実施のNHK公開番組「俳句王国がゆく」の収録に合わせ、本作品の所蔵者よりお借りし、千代女の里俳句館常設展示室にて特別公開しています。
千代女の貴重な作品をぜひこの機会にご覧ください。

会場 :千代女の里俳句館 常設展示室
公開期間:2月3日(金)まで
入館料:有料(大人200円、高校生100円、中学生以下無料)
お問合わせ:千代女の里俳句館   076−276−0819


一覧へ戻る